クラミジア 予防

クラミジアを予防する

クラミジアを予防する手立ては、基本的にはありません。

性感染症の予防として特に効果が高いと言われている
コンドームですが、これも決して100%ではありません。
セックスの最中、キスをすることもあれば、
性器を舐める行為に及ぶこともあるでしょう。
体液が結びつけばクラミジアに感染する危険性は増します。

約70%と言われる高い感染率をもつクラミジアが相手では、
感染者とのセックスによって自分も感染してしまうのは、
ほぼ間違いないと思う方が良いですね。

最大の予防策としては、セックスをしない、この一点に尽きます。
ですが、現代においてはセックスも一つのコミュニケーションと
捉えている人も多く、セックス自体を制限するのは難しいかも知れません。
不特定多数との行為が法的に違反しているわけではないので、
そこは個人の自由という面もあります。

セックスが悪いというわけではありませんが、
せめてセックスの相手を制限しましょう。
不特定多数とのセックスは、感染相手の特定が出来ません。
潜伏期間が長く、発症しても無自覚なケースが多いクラミジアでは、
まず特定は不可能でしょう。

理想論を言えば、お互いに感染しているかどうかを
検査した上でのセックスが望ましいですね。
それが無理なのであれば、数多い関係はもつべきではありません。

セックスを軽く考えることが「かっこいい」のかも知れませんが、
セックスを軽く考え不特定多数の人と関係を結び、
性感染症を患い不妊するだけなら自己責任ですが、
妊娠して子供を殺すことになってもかっこいいかどうか、まずは考えましょう。

★ 性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査キット販売 | STD研究所ショッピング
クラミジア検査

性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査、STDチェッカーをご購入いただけます。自宅でできる性病検査キットの販売。
感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。「のど」への感染も一緒にまとめて調べます。
症状検索、病名検索あり!