クラミジア 妊婦

妊婦がクラミジア感染

驚くべきことに、クラミジアに感染している妊婦の数が少なくないそうです。
自覚症状が無いために治療を施すことなく、
妊娠している女性というのは多いようで、
それを危険視する医師は多いのです。

クラミジアは産道感染をします。
ということは、新生児に影響を及ぼす可能性があるということです。

新生児が産道感染した場合、結膜炎を発症することがあります。
以前からクラミジアは眼に感染するものとして、広く知られていました。
生活における衛生環境が悪かった時代、
クラミジア(クラミジア・トラコマティス)は眼の病気でしたが、
現在では眼に感染することはほとんどありません。
ですが、産道感染した新生児は胎内での感染になるため、
その危険性が高いようです。

そして恐ろしいのは肺炎を発症するケースもあるという点です。
新生児は人間を生き物という視点で捉えた場合、未完成と言えます。
全ての機能が出来上がっていません。

要するに抵抗力・免疫力も大人に比べると無に等しいことになります。
そういった状況下で肺炎を起こしてしまうと、新生児は危険な状態に陥ります。

大人であっても油断が出来ない肺炎は、
新生児に死をもたらす可能性も低いとはいえないでしょう。

クラミジアは、本来感染するものではありません。
自分、或いは相手が不特定多数と
無責任にセックスを重ねることで感染してしまいます。

妊娠して赤ちゃんが生まれるというのは、もちろん1人はできません。
どちらか、若しくは両方の親が、
赤ちゃんを殺してしまうことを自覚しなければいけませんね。

★ 性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査キット販売 | STD研究所ショッピング
クラミジア検査

性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査、STDチェッカーをご購入いただけます。自宅でできる性病検査キットの販売。
感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。「のど」への感染も一緒にまとめて調べます。
症状検索、病名検索あり!