クラミジア 感染の怖さ

クラミジアの怖さ 無秩序と無自覚

近年、性感染症患者が増加していますが、
クラミジア(性器クラミジア感染症)などはその代表例と言えるでしょう。

性感染症というと性器に症状が現れるようなイメージがありますが、
クラミジアはその症状限りではありません。
体液同士が結合するだけで感染してしまうため、
キスも安心できるものではなく、
現実に咽喉に感染するケースもあります。

クラミジアが怖いとされているのは、自覚症状が無いことに終始します。
通常、痛みや腫れ(炎症)、痒み、膿漏などの症状が生じることも多い
性感染症ですが、クラミジアに関しては特に症状が現れません。

その分放置状態になりやすく、症状が進行していって男性の場合は、
尿道炎・前立腺炎、女性の場合は卵管炎などに発展してしまい、
不妊症や子宮外妊娠などの危険性が出てきます。

特に無秩序なセックスを繰り返す傾向にある若年層に多い性感染症で、
およそ20~30%が感染していると言われています。
無自覚なだけに病院に駆け込むケースも少なく、
実数はどれほどのものかわかりませんが、
蔓延していると言っても過言ではありませんね。

クラミジアに限らず、性感染症はエイズ感染率を格段に高めます。
そして性感染症の中でも、クラミジアは感染率が高いことで知られ、
その患者は輪を作るように増えていくでしょう。

厄介なのは、性感染症に感染することを何とも思わない
若年層が増えているという点です。
まるで勲章のように性感染症を患った、
患っていることを語り、笑い話に変えているのが現状です。

性感染症は恐ろしい病気であることを認識しなければいけません。

★ 性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査キット販売 | STD研究所ショッピング
クラミジア検査

性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査、STDチェッカーをご購入いただけます。自宅でできる性病検査キットの販売。
感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。「のど」への感染も一緒にまとめて調べます。
症状検索、病名検索あり!