クラミジア 検査方法

クラミジアの検査方法の色々 その1

クラミジアの疑いが出たら、すぐに病院に行きましょう。
まずは検査して、クラミジアに感染しているかどうかを調べる必要があります。

クラミジアに限ったことではありませんが、
不特定多数とのセックスを行う人、風俗店に通っている人などは
性感染症を予防する意味でも定期的な検査が必要でしょう。

男性の場合、泌尿器科や性病科。女性であれば婦人科か、やはり性病科。
咽喉クラミジアを発症しているようなら、咽喉科も必要ですね。

ですが、病院はどうしても恥ずかしいものです。
もちろん、医師には患者の守秘義務がありますので、
外に漏れることはありません。
社会保険を適用したとしても、会社に通達されるわけではありません。

それでも医師と看護士の方などには少なくとも見られることになりますので、
どうしても恥ずかしいですね。
そういった場合、郵送で検査することも可能です。

有料で安いものではありませんが、
自分とパートナーのために検査することをオススメします。

病院に行くのは恥ずかしい、また仕事で忙しくて病院に行くことができない、
そういう理由で問題を先延ばしにするのは良くありません。
郵送であれば、専門家に診てもらうことに変わりがありませんので、
病院に行くよりは気軽に行えるでしょう。

郵送検査には、男性用・女性用と両方あります。
プライバシー保護もしっかりしていて、多くは郵便局留めも可能で、
送り状には「日用品」などと書かれ、詳細がわからないようにもなっています。

★ 性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査キット販売 | STD研究所ショッピング
クラミジア検査

性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査、STDチェッカーをご購入いただけます。自宅でできる性病検査キットの販売。
感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。「のど」への感染も一緒にまとめて調べます。
症状検索、病名検索あり!